1. インストール・初期設定
  2. その他


CentOS 7だとDockerがyumでインストールできますので、Dockerをちょっと使ってみる場合に便利です。

インストール・初期設定

  • インストール

  • yumでインストールします。

    # yum install docker

  • サービスの起動・停止

  • CentOS 7の場合、デフォルトではSystemdで管理されていますので、Systemdの設定を行います。

    まずdockerサービスを起動させます。

    # systemctl start docker.service

    サービスを停止する場合は以下になります。

    # systemctl stop docker.service

    サービスを再起動する場合は以下になります。

    # systemctl restart docker.service

    システム起動時に自動起動させたい場合は、以下を実行します。

    # systemctl enable docker.service

    システム起動時に自動起動しないようにする場合は以下になります。

    # systemctl disable docker.service

  • サービスの状態確認

  • dockerサービスの状態を確認する場合は、systemctlのstatusコマンドで可能です。 以下はActive: active (running) となっていますので、稼動中になります。

    # systemctl status docker.service
    ● docker.service - Docker Application Container Engine
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/docker.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since 火 2016-04-05 08:48:31 JST; 51min ago
         Docs: http://docs.docker.com
     Main PID: 4281 (docker)
       CGroup: /system.slice/docker.service
               mq4281 /usr/bin/docker daemon --selinux-enabled
    
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: ........
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain docker[4281]: time="2016-04-05T08:48:...
     4月 05 08:48:31 localhost.localdomain systemd[1]: Started Docker Applicatio...
    Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

その他

  • 環境の初期化方法

  • Dockerのデフォルトでは、全てのデータを/var/lib/docker/に保存します。 そのため、/var/lib/docker/以下のファイル、ディレクトリを全て削除すると、dockerをインストールした直後の初期状態に戻すことができます。 ただし、稼動中のコンテナやサービスがあると問題があるので、一旦全て停止させてから削除します。 作業手順は以下のようになります。

    • dockerの稼動コンテナを全て停止
    • dockerサービスを停止
    • /var/lib/docker/にあるファイル、ディレクトリを全て削除

    参考 /var/lib/docker/は以下のようになっていました。

    # ls -l /var/lib/docker
    合計 20
    drwx------  6 root root 4096  4月  5 01:42 containers
    drwx------  5 root root   50  3月 26 02:00 devicemapper
    drwx------ 24 root root 4096  4月  4 21:44 graph
    -rw-r--r--  1 root root 5120  4月  5 08:48 linkgraph.db
    -rw-------  1 root root  462  4月  4 21:44 repositories-devicemapper
    drwx------  2 root root    6  4月  4 21:44 tmp
    drwx------  2 root root    6  3月 26 01:48 trust
    drwx------  2 root root    6  3月 26 01:48 volumes

    稼動コンテナを全て停止する場合、docker psコマンドで稼動コンテナを確認して、全コンテナを停止します。

    # docker ps
    その後、dockerサービスを停止して、/var/lib/docker/以下のファイル、ディレクトリを全て削除します。
    # systemctl stop docker.service
    # rm -rf /var/lib/docker/*